弔電を送る時の注意点

遠方で親しい人が亡くなった時、すぐ駆けつけることが出来ない場合があります。また、近くでも仕事で葬儀に参列出来ない人だっているわけです。後日、仏壇にお参りしてもいいですが。その前に相手の死を悼む気持ちを遺族に伝えたいはずです。だから、弔電を送るわけです。ここで、注意点があるのではないでしょうか。こういうことを意識して送ればさらに遺族に自分の気持ちが伝わるのではないでしょうか。そういう点を考えてみました。とにかく、弔電も早目に送ったほうがいいでしょう。というのも、悲しみという感情は時間が経つにつれ、薄れてくるモノだからです。というか、そうやって人は故人の死を受け入れるわけです。でも、遺族の悲しみに寄り添ってあげたかったら送るのも早いほうがいいと感じるわけです。それに遅いと内容によってはかえって、嫌味に感じるかもしれません。

弔電に関しての知識とは

弔電は事情があってお通夜や告別式に参加できない時にお悔やみの気持ちを表した電報の事です。まず115番に電話をかけます。なお受付時間は午前8時から午後10時までとなっていますので注意しましょう。その際にお相手の住所、名前を調べておきましょう。喪主の方のお名前が分からない時は「故○○様ご遺族様」とします。そして告別式の3時間前までには届くようにします。NTTの支店や営業所、郵便局でも受け付けを行っています。意外なのですがインターネットでも電報を送る事が可能です。こちらは24時間受け付けをしているので時間外となってしまった方には便利かと言えます。そして電話で話すよりも住所や名前等の間違いが少ないと言えます。電話での場合、分からない事などがあったらオペレーターに尋ねると丁寧に教えてくれるので安心して下さい。

弔電の内容は一般的な内容が無難です。

弔電を出すときは、個人で出す場合と数名のグループで出す場合があります。個人で出す場合は、個人的な付き合いや親戚などのつながりがあった場合です。内容は、それまでの交流の過程などが想起されて、手紙のようになってしまいがちですが、一文字いくらの料金設定なので、意外と高価になってしまいます。グループで出す場合は、職場やサークルなどの仲間同士なので、個人的な内容というより、例文を引用して文を作っていきます。料金が高くなっても、グループ内の人数で分担するので、弔電の封筒や用紙を少し見栄えのいい物にできます。実際の葬儀場では、喪主やその家族が読んでほしい物をいくつか選びます。葬儀の参列者に聞かれても良い内容や故人の名誉になるような内容が選ばれるので、弔電の内容は特殊な物ではなく、ごく一般的な内容が好まれます。