弔電を打つことは決して難しいことではありません

弔電は普段から頻繁に利用しているという人はほとんどいません。ですから、いざ打つとなると、分からないことが多くて困ってしまうということがよくあります。そこで、先ずは、いつ打てばいいのかというと、葬儀や告別式が行われる前の日までに打てばいいです。次に、宛先をどこにすればいいのかと言えば、葬儀や告別式が行われる場所です。つまり、自宅で行われるのであれば自宅宛に打てばいいということになりますし、斎場で行われる場合は斎場宛に打てばいいということになります。更に、宛名は誰にすればいいのかと言えば喪主宛にするのが基本です。喪主の名前が分からない場合は故人の名前に続けてご遺族ご一同様などとすれば問題ありません。お通夜や告別式に出席できない場合は打っておくことでご遺族に気持ちを伝えることができますので分からないという理由で避けるべきではありません。

弔電の送り方と注意点

まず弔電とは通夜、告別式に参列できない際に、喪主や親戚に対して故人へのお悔やみの弔意を表す電報を送るということです。最初に確認すべきは送り先と通夜、告別式の日程です。告別式で読み上げが行われるので遅くとも通夜までに送るのが良いです。逆に手配が早すぎると不在で届かなかったり、受取りが斎場で出来ないということもあり、送り先に失礼にあたりますので、通夜や葬儀の時間を確認をするようにしましょう。送る際は喪主様の名前を受取人にしましょう。文章の内容自体は弔電の文例集などがありますのでそれを参考にして、丸写しするのではなくあくまで自分の言葉で伝えるようにしてください。そのほかに故人やご遺族に失礼にならぬよう、弔電での言い回しに注意しましょう。つづける、再びなどの繰り返しを表す語句は不幸が続くことを想起させてしまうことになるので気をつけてください。

弔電を出す時はどんな場合

相手の死を悼んでいるからこそ、弔電を出します。さらに最近では葬儀は家族だけで営みたいという人が増えています。そういう場合、葬儀の参列は遠慮した方がいいかもしれません。でも、せめて弔意だけはしておきたいはずです。さらに遠方で知り合いが亡くなった場合、駆けつけられない場合もあります。とにかく、お悔やみの言葉はなるたけ早く、かけてあげたいというのが人情というモノです。そこで文面も気になるところですが。最近、弔電にも変化が出てきています。贈る電報というべきでしょうか。電報に言葉だけでなくモノを添えてみるというわけです。というのも、人が亡くなるとその後、いろいろ必要なモノが出てきます。線香は贈ってもいつかは使うモノなので先方が困ることはないはずです。ほかにも蝋燭とか、探せば案外、沢山あるかもしれません。