弔電のメッセージとともに

弔電を出そうとした時に、そのメッセージをどのようにしたら良いのかと悩む場合もあります。本当に親しかった人が亡くなった時などは、その本人に語りかけるようないつもの気持ちをそのままメッセージとして届けることも気持ちがこもったものとして受け取られることでしょう。また、仕事関係などで直接付き合いが無かったような時などもあります。そのような時には弔電用の例文が多くあります。その中からそれぞれの立場にふさわしい例文を使ってお届けすることも失礼になるようなことはありません。いずれの時にもメッセージと一緒にお悔やみの気持ちをよりあらわすような台紙とともに届けることがおすすめです。お悔やみに合うような色合いの押し花や丁寧な刺繍を施したものや、伝統産業の漆塗りをしたものなどがあります。金額もいろいろとあります。

弔電の受取人名は大切です

弔電の受取人名のことで誰にすれば良いのか、と思う場合もあります。一般的には喪主宛が良いのですが、喪主の名前を知らなくて、故人の名前だけしか分からないという時には、故人は受け取ることができないので、宛名の頭に故人の「故」をつけて亡くなった方の名前で送ることも可能です。しかし、喪主のことも故人の名前も分からない、ただ知り合いの人の関係者が亡くなったからといって弔電を出したいと言い、その知り合いの人の名前で出す人も中にはいますが、そうすると住所や式場が、たとえ合っていても、そこで届いたときに、その知り合いの人の苗字で葬儀が無いと言って受け取りを拒否される場合もあります。せっかくの気持ちを弔電という形にして届ける時にはしっかりとした情報を持って申し込むことが大切です。そして届けるのはできる限り通夜の日がすすめられます。

インターネットもオッケー!弔電の送り方

自分の知人、ないし関係者が亡くなった場合、通常であればお通夜や告別式に出席することが当然です。しかしながら、そうはいかない場合もあります。どうしても外せない仕事などが入っている時などはやむを得ず欠席せざるを得ません。そのような時は、弔電を送ってお悔やみの気持ちを表しましょう。弔電というと難しく考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は電話一本で申し込むことも出来ますし、より便利なものはインターネットによるサービスです。NTTのサイトに接続をして手続きを行いますが、電話での申し込みと比べてメリットがいくつかあります。まず、電話での受付が時間帯に限りがある(午前8時から午後10時まで)のに対し、インターネットでの受付は24時間可能です。また、電話でオペレーターに送り先の名前や住所を伝えるのは口頭なので、間違えやすいという欠点がありますが、インターネット上だと文字化されるので間違いが少なくて済みます。このように、様々なメリットのあるインターネット上での弔電サービス。社会人として、うまく利用していきましょう。